忍者ブログ
手前の人生の無駄遣いっぷりを書き連ねる場所
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

正式名称を"ラバーペンシル錯視"といいます。
タイトルはCoccoの曲名から

拍手

PR
どうでもいい話なんですが、難しい漢字にフリガナをつける基準ってのが解らないんですよ。

俺自身は当て字以外の漢字にゃフリガナなんて不要と思ってる人なんですけど、
そうじゃない人の為に「読む側に解り易くする作業」ってのが必要なのかも、って考えると、
じゃあ、どの辺りに線引きを行うかっていうどうでもいいトコに頭使う事になるんだよねぇ。

タイトルはエレカシの曲名から。

拍手

布団から出たくないって思ってたら、こんな話が出来た。
抱き枕持ってないけど。

タイトルはAJICOの曲名から。

拍手

リアルに十代だと厄年とかそんな気にしないと思う。

「18」を二進法変換すると「10010」。
最初にこのネタを思い付いた段階ではこれをオチに使う予定だったが、
それだと流石に高齢過ぎるんじゃないかと思ったので、斯様な展開になりました。

タイトルはAlice Cooperの曲名から。

拍手

 例大祭で描く話の資料集めとして、図書館で道教関連の書籍を数冊借りてきて読んでたら出てきた言葉をネタにました。

調べてみると色々想像力をかき立てる思想や儀式が盛り沢山なので、
今後もネタ作りに活かしていければなぁ。と、思ってる。

タイトルはRick Springfieldの曲名から。


拍手


今年も例大祭の方に申し込ませて頂きました。今年で活動4年目となります。
別に区切りが良いワケでもありませんが、
よくもまぁ続いたモンだな。と、我ながら驚いてたり。

新刊は間に合えば芳香メインのお話になります。
哀しくて、愚かで、純粋で、切なくて、グロテスクで、滑稽で、
悪趣味な話が描ければいいなと思っております(欲張り)。

拍手

描き始めたのが去年のクリスマス頃なんで、新年一発目と呼ぶには憚りがあるなぁ。
タイトルはムーンライダーズの曲名から採りました。


何の気なしにつけみたんですが、後からこの曲を作詞したのが糸井重里だった事に気付き、
見事に埋蔵金繋がりにもなったという。

徳川埋蔵金ってどうなったんだろう…

拍手

若干ネタバレ感のあるイラスト。
冬コミお疲れ様でした。
新刊を読んだ友人の3人に2人が「コレ酷いわw」という感想を述べていました。
…まぁ、概ね予想通りですけど。

そして明けましておめでとうございます。
今年もペースを乱す事無く、
まったりと描き続けていこうと思っておりますんで、
お付き合い頂ければ幸いです。

拍手

直前で突貫で告知。

c83flexi.png12月30日(日)
東タ-16aスペースにて
「フレキシ -flexi-」

で参加します。





取り合えず新刊の告知をば。

496366c0.jpeg新刊『類推の魔』 全20p ¥200

今回はいつにも増して、読者とかニーズとかそういったモノを完全に度外視して作った、完全なる趣味の個人誌になったと思います。

下にサンプルを挙げてはみるものの、どういう話なのかサッパリ解らんだろうと思うし、多分、読んだ人が予想するような展開にもならないんじゃないかと。

何とももやもやする説明しか出来んのですが、それでも気になったという奇特な方は、手にとって頂ければ…と、思っています。



29039116.jpeg8478ea6b.jpeg3217a8a1.jpeg












3f9e2058.jpeg15a76f9e.jpeg












その他以下の既刊も持って行きます。
h01bind.jpgtitle.jpgh01n.jpg62768348.jpeg












左から『妹紅、思うままに』(C81にて頒布開始)、全32p 300円
『黒い白』(例大祭9にて頒布開始) 全24p 200円
『フライ オア ダイ』(ようせいげんき!3にて頒布開始) 全32p 300円
『Harvester of Sorrow』(東方紅楼夢8にて頒布開始) 全12p 100円

前二つは在庫僅か、後ろ二つは猛烈に余ってます。
 

拍手

『SUSHI GIRL』を観にダチと閉館間際の銀座シネパトスへ来ました。

旧作『スター・ウォーズ』のマーク・ハミル、『ターミネーター』のマイケル・ビーン、
『キャンディマン』のトニー・トッド、そしてダニー・トレホに千葉真一。
更には『ネバーエンディングストーリー』でアトレーユやってた子役という、
コレを豪華キャストと呼ぶには若干憚りがあるが、
俺のツボを突くキャスティングが劇場に足を運ばせるキッカケとなりました。

こんだけの布陣を揃えながら、初日なのに数える程しか客居なかったけど。

で、内容の方なんですけど、冒頭でちょっと期待値が上がったんですよね。
オープニングテーマに『007 ダイヤモンドは永遠に』のテーマソングをまんま使ってて、
「おお、ひょっとするとコレは映画ファンに向けての小ネタ満載のタランティーノみたいな作品なのかな」って。キャストもある意味"判ってる人"向けだし。


けど、そうした「くすぐり」もそれっきりで、あっという間にフツーの密室劇に成り下がってしまい。拍子抜けでしたね。
"息詰まる心理戦"ってのがやりたかったみたいですけど、巧く機能してるとは言えませんでしたし。残念な限りです。

その後ダチと近くの居酒屋で呑んでダベって帰りました。

拍手

<< 前のページ 次のページ >>
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
HN:
tog.
性別:
男性
自己紹介:
東京生、下町の印刷工場で単純労働に勤しむ日々を送り、たまの休日はその殆どを寝て過ごし、残りは「もっと有意義な使い方があるだろう」と自己嫌悪して終る。
取敢えず眠る事に勝るような、没頭できる趣味が欲しい。

pixiv.gif
Twitter ブログパーツ
ブログ内検索
リンク
バーコード
アクセス解析
最新TB
忍者ブログ [PR]