忍者ブログ
手前の人生の無駄遣いっぷりを書き連ねる場所
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

漫画で手話を表現するのが凄い面倒臭かったです。

タイトルはミドリの曲名から

拍手

PR
ダニの話だから「ダニー」。…ええ、駄洒落ですよ。


拍手

仕事でヨガの教本を印刷する機会がありましてね、
その時思いついたネタですよ。

真面目に仕事してない証拠ですね。

タイトルはRANCIDの曲名から


拍手

でも、トリートメントしなくていいからラク。

タイトルはPriscilla Reneaの同名の曲から。



拍手

08178317.jpeg62836c8f.jpegb883e253.jpega99a73fb.jpeg7564f138.jpeg07c70dfa.jpegP07.jpgf78b4948.jpeg57cf4f21.jpegp10.jpgp11.jpgp12.jpg






































毎度そうなんだけど、自分は描きながら話を考えていくタイプの人間でして、
まず発端とオチだけを漠然を思い浮かべ、
どうやったらそれを一筋に物語に繋げてられるのかをアレコレ模索しながら描いていく…という非常に効率の悪い描き方をしています。

理由は、全部決めちゃうと描き上げる前に飽きるから。

アホ程時間があった学生時代にも関わらず、全く漫画を描いた事が無かったのは。
一般的な漫画の描き方に従って描こうとして、気力が持たなかった所為だと思ってます。
かなり邪道な描き方なんだけど、これが一番性に合ってるからね。
 

拍手

ss.jpgレポとか描く程ドラマチックな事も無く、
別段ネットで知り合った方と親交を深める事も無く、
ビックリする程人が来たワケでも無く、
反響がある程大した内容でも無く、
いつも通りイベントを終えましたとさ。

読んでくれた方、買ってくれた方、挨拶に来てくれた方、差し入れを下さった方、皆ひっくるめて有難うございました。

次はもっと読む人の心を掻き乱す様な作品を描こうと思っていますので、お付き合い頂ければ幸いです。

拍手

締切でカツカツのスケジュールだったのに、土曜にダチと『アイアン・スカイ』を観に行った上に、終電まで呑んでたりしてたんですが、奇跡的に間に合いました。

10月7日に大阪で開催されるイベント「東方紅楼夢8」に参加致します。
スペースは「F-12b」、サークル名は「フレキシ -flexi-」です。

配置図を見たら何故か島端だったんですけど、どうせアレだろ?
周囲に人がいっぱい集まるサークルが多いんで、緩衝材みたいな役割で配置されてんだろ?俺の場合

以下、頒布物の紹介。

新刊『Harvester of Sorrow』12p ¥100
62768348.jpeg7c08a9d2.jpeg03938f99.jpege03c1444.jpeg












秋姉妹がメインのダークで猟奇な小品となっております。
タイトルはメタリカの曲名から


元々は今年の例大祭で頒布された「東方カニバリズム合同」に参加したくて考えたお話なんですが、
「大した画力も無い俺が軽はずみに参加して大丈夫だろうか?」とか、
「他人の尻馬に乗って鬱陶しがられるだけなのでは?」とか、
変に気を回し過ぎた挙句、参加する事無くお蔵入りにさせたモノです。

カニバリズムをテーマにした物語ですから当然グロ展開ですが、
直接的な描写はございませんので、
お子様にも安心して読ませられます。

その他、既刊も沢山御用意しております。

既刊『フライ オア ダイ』32p ¥300
h01n.jpg












bdbc53ae.jpeg5845b59c.jpegp03n.jpg1a304958.jpeg












2e0c91db.jpegb0ce68a0.jpeg171af9d0.jpeg













既刊『黒い白』 24p ¥200
title.jpg













9452c636.jpeg833ebf16.jpegp016.jpg













 
既刊『妹紅、思うままに』 32p ¥300
h01bind.jpg










p001.jpgc331ad5d.jpeg25d79f51.jpegd65c281b.jpeg












 
 
 

拍手

120928bind.jpg何かネットで調べ物してたら、
wikiで色んな言語の回文一覧みたいなのに辿り着いて、
その中の例文の一つから、構図を考えて描いたものです。

ところで、その時自分が一体何について調べていたのかが、さっぱり思い出せない。

まぁ、そういうのってよくあるよね。



拍手

ダチと新宿で『アイアン・スカイ』を観てきました。

UFOが人目に付かずに都心に着陸できちゃったりとか、都合の良いシーンも散見しましたが、
『博士の異常な愛情』とかが好きならかなり楽しめる作品だと思います。
というか、監督も割とそれに近い感じのモノを目指して作ってたフシがあり、
ラストのドタバタ具合とか見ても、
『博士の異常な愛情』が試写の段階で不評だったんで没にしたラストシーンを意識して
撮ったんじゃないかって思えてくる。

「月からナチスが攻めてくる」っていうアイデアで世界中の映画マニアの心を鷲掴んだワケだから、
別にシンプルな図式の侵略SFにしたって構わなかったんだろうけど、
そういう安易なトコに落とさず、「皆平等にバカですよ」っていう黒い笑いに満ちたモノに仕上がってて、
「ああ、この人映画好きなんだろうなぁ」って親近感すら湧いてきました。

で、その後、居酒屋へ行って呑む。
ダチは早目に切り上げて鶯谷の風俗へ行きたがってたが、終電まで付き合わせました。

原稿の進捗も忘れ、大いに楽しみましたが、ページが埋まるワケじゃなし。
単に首を絞めに行った様なもの。

拍手

94494650.jpeg紅楼夢の原稿のネームを考えにファミレス行ったら思い付いたネタ。

映画のスタッフロールは最後まで観る派。
邦画だとキャスト。洋画だと挿入歌を特に注意して見る人です。








タイトルはピンク・フロイドの曲名から。

拍手

<< 前のページ 次のページ >>
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
HN:
tog.
性別:
男性
自己紹介:
東京生、下町の印刷工場で単純労働に勤しむ日々を送り、たまの休日はその殆どを寝て過ごし、残りは「もっと有意義な使い方があるだろう」と自己嫌悪して終る。
取敢えず眠る事に勝るような、没頭できる趣味が欲しい。

pixiv.gif
Twitter ブログパーツ
ブログ内検索
リンク
バーコード
アクセス解析
最新TB
忍者ブログ [PR]