忍者ブログ
手前の人生の無駄遣いっぷりを書き連ねる場所
[236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231]  [230]  [229]  [227]  [228]  [226
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 溜まったDVD消化中。今日観たのはカルト映画と名高い『ウィッカーマン』、無論ニコラス・ケイジがリメイクしたヤツじゃない方の。


 ウィッカーマンって云えば、デビルサマナーにも敵キャラとして登場してるから、メガテンやってる友人がジャケを見て「ああ、アレって元ネタあったのかー」って興味深々だったりしてました。

 イギリスの怪奇映画って、要するに古城とかがある閉塞的な田舎に怪事件(大概の原因は怪物や霊的なヤツ)が起きて…ってのが展開されるんですが、本作はハマーホラーミーツ諸星大二郎的なモノでして、敬虔なカトリックの主人公が土着信仰の支配する孤島で失踪した少女を捜しに孤軍奮闘するというもの。余所様の紹介だとよく「衝撃のラスト」って煽ってるのがあるけど、あの後味の悪さは確かに衝撃。

 「もっと知的で説得力のあるホラーを作りたいんスよ」という制作の意図があってか、とにかく(実際のモデルがあるにしろ)収穫祭の描写が半端無くリアルなので、「公開当時はホントにこんな風習のある村がまだ残ってたんじゃねぇの?」って思ってしまう。

 あと、劇中を通して流れる猥歌が結構曲としても良い出来で、サントラ欲しいなぁ。とか思ったり。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Haircut100 HOME 100508 >>
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
HN:
tog.
性別:
男性
自己紹介:
東京生、下町の印刷工場で単純労働に勤しむ日々を送り、たまの休日はその殆どを寝て過ごし、残りは「もっと有意義な使い方があるだろう」と自己嫌悪して終る。
取敢えず眠る事に勝るような、没頭できる趣味が欲しい。

pixiv.gif
Twitter ブログパーツ
ブログ内検索
リンク
バーコード
アクセス解析
最新TB
忍者ブログ [PR]