忍者ブログ
手前の人生の無駄遣いっぷりを書き連ねる場所
[61]  [59]  [60]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 石井輝男監督作品のオールナイトやるってんで久々に池袋の新文芸坐へ行きました。以下観たヤツを順に羅列。

『江戸川乱歩全集 恐怖畸形人間』


 『パノラマ島綺譚』『屋根裏の散歩者』『人間椅子』など江戸川乱歩作品の美味しいトコだけ取り出して土方巽の暗黒舞踏で味付けした怪作。そのタイトルのストレートさから、ソフト化の目処が立たず日本のカルト映画の代名詞みたいな扱いになってる作品。

 正直、もっとトンデモなくて、もっと問題があって、尚且つ面白い邦画なんていっぱいあるし、石井監督作品の中でも飛び抜けて面白いというワケでもない(寧ろ凡作というべきか)。単にレアという理由で必要以上に持ち上げられてるだけで、映画マニアを自負するならコレぐらいは観とけという通過儀礼的作品に過ぎないのだと思いますよ。

 …ま、そういう俺も海外版のDVD買いましたけどね。

『直撃地獄拳 大逆転』
http://www.youtube.com/watch?v=7INCJCZAaVc

 前作に比べるとアクション要素は極薄で、何故かルパン三世モドキのスパイごっこに。映像はスタイリッシュ、ギャグは下品、内容はデタラメ…と、このバラバラ加減がB級好きには堪らない。更に嵐寛寿郎が『網走番外地』の鬼寅親分役でカメオ出演してるし。

 それにしても千葉真一のアクションはキレがあるよなぁ。そりゃタランティーノも惚れ込むわ。

『ポルノ時代劇 忘八武士道』



 今回上映された作品の中じゃ一番キレイに収まってたかな。石井監督作品って、大抵物語が暴走するからね。

 これは原作の良さなんだろうけど、忘八者の着てる袢纏のデザインが凄い好き。"男"と"女"の漢字を交互に並べてるだけなんだけど、ハッタリの効いた由来と相俟って凄くハイセンスに思えてしまう。…自作しようかな。

『徳川いれずみ師 責め地獄』


 冒頭の処刑シーンで思い出したけど、これ以前観た事あるわ。確か追悼特集上映の時。エログロ時代劇路線の頃の作品ってタイトル似たようなのばっかだから混同しちゃって参る(内容も似たようなモンだし)。けど俺って、映像で記憶してる人だから、シーン自体に見覚えがあっても、話の筋を全く憶えてなかったり。

 しかも、俺の中で武智鉄二の『華魁』と内容がごっちゃになってた。アレも刺青のエピソード入ってたからなぁ。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 090429 HOME 090423 >>
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
HN:
tog.
性別:
男性
自己紹介:
東京生、下町の印刷工場で単純労働に勤しむ日々を送り、たまの休日はその殆どを寝て過ごし、残りは「もっと有意義な使い方があるだろう」と自己嫌悪して終る。
取敢えず眠る事に勝るような、没頭できる趣味が欲しい。

pixiv.gif
Twitter ブログパーツ
ブログ内検索
リンク
バーコード
アクセス解析
最新TB
忍者ブログ [PR]